コーチのイメージ

コーチのブランドイメージや歴史を語る上で
忘れてはいけないのが、
1962年、女性用の手作りの
レザー・アクセサリーの新しい事業のために、
前衛的なデザイナーとして頭角を現し、
映画「王様と私」の衣装などをデザインした
ボニー・カシンを迎え入れました。


彼女は買い物袋から発案した
カジュアルバッグ「カシン・キャリー」を発表し、
その後は「バゲット・バッグ」「ダッフル・サック」等、
連続してヒット作品を生み出していきました。


この経緯からコーチのバックは
上質で飽きのこないデザインという
ブランドイメージを確立していったのです。


現在のコーチバッグにも使用されている
クリップ式金具や「ドッグリーシュ」の金具も
彼女の発案から誕生したものなのです。


コーチの日本進出は
1988年、三越との提携から始まりました。
同年9月には横浜三越、日本橋三越店がオープンしました。


2001年8月には住友商事と合弁、
コーチ・ジャパンを設立し、
三越子会社から店舗を引き継ぎました。


現在は、東京では銀座、丸の内、大阪の心斎橋など、
日本での店舗数も100を超え、
コーチの全世界の売上高の
約2割を占める大市場となっています。



スポンサード リンク

コーチについて
コーチのイメージ
コーチの誕生
コーチのバッグ
コーチのバックを選ぶ
コーチバックの種類
コーチのメンズバック

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

コーチバック COACH BAG情報 トップページへ



スポンサード リンク

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加